薬剤師とは

薬剤師

現代の日本では様々な健康サービスが実施されています。健康保険制度はもちろん健康サービスの一種ですし、各地に用意される病院も健康サービスの一種です。 広い範囲を含めればスポーツ施設といったようなものも、健康を増進するという意味では健康サービスの一つに含めるべきといえるでしょう。 またこうした健康サービスによく付随することとなるのが「薬」の存在です。

風邪をはじめとする病気を治癒する薬や、怪我の痛みを抑える薬、体力回復を促進する薬など、その薬の種類は枚挙に暇がありません。 そしてこうした薬を処方する役割を担う職業こそが「薬剤師」です。「薬剤師」という存在は非常に身近な存在ですが、これは実際にはどういった存在なのでしょうか。

まず薬剤師の定義ですが、これは日本薬剤師会によると「国から付託された資格に基づいて、医薬品の製造・調剤・供給においてその固有の任務を遂行することにより、 医療水準の向上に資することを本領とする」、「薬剤師は広く薬事衛生をつかさどる専門職としてその機能を発揮し、国民の健康増進に寄与する社会的義務を担う」 といったように定義をされています。つまり薬剤師とは「医薬品を国民に提供することによって国民の健康増進に寄与する」 ということを職務とする職業であると言い換えることができます。

この薬剤師という職業が行う業務の中でも中心となるのが「調剤業務」です。 病院などに勤務する医師によって作成された処方箋にしたがって薬を調製するということが基本的な業務になりますが、昨今では薬剤師に対して求められる要求レベルが上昇しています。
例えば患者さんがある成分に対してアレルギーを持っているのであれば、医師の処方箋に従いつつ、アレルギー反応を起こすリスクのある成分を極力取り除き、これまでの処方記録を確認し、 新たな処方記録を付け加えるなど、その業務は非常に多様化しています。また最近では薬局の中で調剤業務に従事するだけではなく、「薬のスペシャリスト」として医師のサポートを行い、 患者の血液の情報などから服薬指導や注射薬管理などを行うなど、臨床活動への参加も盛んになっています。

一般的に「薬剤師」という言葉から連想されるのは、調剤薬局などの中で処方箋にしたがって棚から薬をとってくるという姿ですが、 実際には薬剤師という職業はそこまで単純な職業ではなく、それぞれの活動方針に従って様々な形で健康増進に寄与する職業であるといえるでしょう。